風流サバイバー


by ADPowers
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

R-1ぐらんぷり2005

ほぼ吉本オンリーのお笑いイベント・R-1ぐらんぷり2005。
おれはあまり吉本色の強い番組は見ないのだが、最近ピン芸人にハマっているのでちょっと楽しみにしていた。

決勝戦のデキと理由をおれ的に並べると以下のとおり。

1.中山功太(吉本興業 大阪)

いやあ、驚いた。
外見は普通の若造なんだがツッコミどころでなつかしのディスコナンバーにのせて挿入される、関西弁混じりのパチ臭いDJが秀逸。
なんか実家はケタはずれのどえらい金持ちだというウワサだが、悪いことはいわないから実家とは縁を切れ。
おまえは充分お笑いで食っていける。

2.ほっしゃん。(吉本興業 東京)

古株の苦労人で、おれもずいぶん前に見たことがあるが、ピンになって正解なのかもしれない。外見のインパクトが強いだけでも芸人は武器になるが、そのインパクトにネタが負けていないところがよかった。

3.井上マー(吉本興業 東京)

本当はおれはマーに優勝してほしかった。
おれは尾崎ネタが大好きなのだが、あれだけでは「次の機会」はないからだ。
しかし「またどこかで会おう。きっと同じことをしているから」という自虐的なオチには笑えた。

4.あべこうじ(吉本興業 東京)

たいへんな話術である。
噛んでいる部分があるように聞こえるが、あれもネタの一部だろう。
もし本当に噛んでいるのなら、それをネタに昇華させるアドリブは名人芸の域だ。

5.ネゴシックス(吉本興業 大阪)

陣内智則と芸風がカブる。
でも好きなんだよなあ、あの系列。

6.ヒロシ(サンミュージック)

ヒロシです。。。
冒険したらアタマでいきなり噛んだとです。。。

7.長州小力(フリー)

マニアな笑い。なぜ決勝に残ったのかが不思議。
ネタ本体よりもマクラのほうが笑えた。しかも似てねえよ@長州力。

8.友近(吉本興業 大阪)

このひとのネタは、おれのツボが合わないことが多い。
会場はそこそこウケていて、間寛平はすごく気に入っていたらしいが、やっぱり今日もよくわからなかった。


なお、結果は以下のとおり。

1.ほっしゃん
2.井上マー
3.あべこうじ
4.友近
5.ネゴシックス
6.ヒロシ
7.中山功太
8.長州小力

中山功太の低い順位はいかにも吉本という感じだし、友近の高順位も信じられん。
しかし一番信じられなかったのはあべこうじ三位に女の子たちが絶望の「キャ~」を発していたところだ。

アレもててるのか?
なんでだ?
おれもあんなに背は高くないが、顔と声としゃべり方は同系列だぞ?
おれとどこがちがうんだ?
あるいはあの芸風に徹すればもてんのか?

しかし、そんなおれのつぶやきに、井上マーの2位に傷心の嫁はフォローもしてくれませんでした(;_;
[PR]
by ADPowers | 2005-02-21 00:31 | 俺様日記