風流サバイバー


by ADPowers
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

努力と結実のはざまで


努力をする人間が好きだ。
きっとこれは自分が努力をしない人間であることの裏返しだと思う。
ところが世の中には努力をすることを「カッコ悪い」ことだと考える風潮がある。
カッコ悪いのは「努力を誇示すること」であって「努力をするという行為そのもの」ではないのに。

努力をしない人間はカッコ悪い。
努力をしているのに「していないふり」をする人間もカッコ悪い。
努力をしていてもそれをことさらに吹聴しない人間はカッコいい。

今日、嫁の机の隅に、表紙を裏返しにした教科書サイズの本がちょこんと置かれているのを見た。

某企業主催のインターネット検定の本。

いつでも仕事でおれに叱られて怒鳴られて、バカだグズだとまで罵られ、それでもヘコむことなく泣きながら喰らいついてくる根性は、ふだんボーっとしている風情からは想像もつかないほど激しい。

だれもが認めるであろう日本一進学校に中学入試で合格し、天下一私大へと進むことができた彼女を、おれはずっと不思議に思っていた。
他人を蹴落とすことはおろか、くちゲンカさえ滅多にできない人間が、どうやってあのシビアな競争を勝ち抜いてこられたのだろう、と。

理由は極めて単純なものだった。
自己の能力に限界を定めず、決して諦めることなく、このひとはこうしてずっと向上してきたのだ。
なぜそんなにコツコツと積み上げられるのかと聞けば、よどみなくこう答えるだろう。

 「だって楽しいじゃん」

おまえの努力はいままさに実を結ぼうとしている。
そしてその実を受けとる瞬間がきたとき、おれはおまえの前を歩いていることができるだろうか。

いささかの不安を胸に、いまは心の奥底で深く敬礼をしておこう。
[PR]
by ADPowers | 2005-02-24 12:27 | 俺様日記