風流サバイバー


by ADPowers
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2004年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2004/08/31昼飯

弁当@会社近くの弁当屋。

発作的にここの弁当のことしか考えられなくなる瞬間があるほど犯罪的にうまい。

温玉入りのすき焼き弁当が嫁。シチューハンバーグとライスがおれ。

b0016128_0132664.jpg

[PR]
by ADPowers | 2004-08-31 15:07 | めし自慢

私的お笑い論【その1】

最近、嫁の影響でお笑い番組をよく見るようになった。
高校時代の「MANZAI」ブーム以来の濃さでさまざまな番組をチェックしている。
自分でチェックしきれない分は従兄のビデオライブラリを借り出したりして、熱心なことこのうえない(自嘲)。

まだ材料は揃いきっていないが(揃いきることなんてないんだろうが)、このへんで「私的お笑い論」として少しづつ書き始めようと思う。
なお、好きな芸人のことを熱心に書いてもただのファンレターかヨイショ文になってしまうし、嫌いな芸人について集中的に書けばそれは悪口でしかなく、ヘタをすれば怪文書になってしまうので、例示する芸人に対しては「基本的に好きも嫌いもなく、いいネタを出してくれればノープロブレム」というスタンスであることをあらかじめお断りしておく。

さて、2004年上半期、おれ的に大きな出来事だったのは

 『アンガールズ』 お笑いホープ大賞受賞

である。

審査委員長の高田文夫は繰り返し「おれは認めたくないんだ。でも客席のアンケートではぶっちぎりだったからしかたないんだ」と叫んでいたが、「客席の反応がいい」=「おもしろかった」ということなので、このさい高田文夫の個人的な感想はどうでもいい。
しかしやっぱり心の底で同感だったらしく、この高田文夫の叫びは今でも脳裏に焼きついてなかなか離れない。

ではあのとき誰が受賞すれば納得したというのだろう。

決勝に残った中で、比較的印象が強かったのは以下の通り。
おれの個人的な感想も付け加えておく。

 アンガールズ:うまくなった。
 会場の盛り上がり方を見ていると、時代が彼らを迎えにきた感じがする。
 しかしおれにはついていけない部分が多い。

 次長課長:正直驚いた。
 あの落とし方のためだけに、退屈な前半があったのか。
 いいか悪いかは判らないが、個人的にはたいへん好きだ。

 パンクブーブー:返す返すも残念でならない。
 失格でさえなければ彼らが大賞であったことは間違いない。
 オタクを笑うのではなくオタク好きのネタで市民権を得られる時代到来か。

ということでパンクブーブーが失格、次長課長がとんでもない変化球勝負だったことを考えあわせると、アンガールズの受賞はごく当然だったのかもしれない。
あとのチームは普段どおりの可もなく不可もないという程度のデキだったし。

最後に繰り返すが、パンクブーブーは以前「爆笑オンエアバトル」で既に見ていたネタであるにもかかわらず、すばらしくデキがよく、あらためて笑えた。失格は本当に残念だ。
また、次長課長はこれ以上なくブラックなオチでおれの度肝をスコーンと抜いてくれた。またどこかであんなネタに出会えるといいなあ。
[PR]
by ADPowers | 2004-08-31 14:34 | 俺様日記

2004/08/31朝飯

冷やし中華。
おれが甘酸っぱい通常の冷やし中華が嫌いなため、うちのは酢を使わない。
通常のラーメンスープにゴマ油・ゆず胡椒。
トッピングはいんげんをゆがいたものとチキンロール。

b0016128_0125448.jpg

[PR]
by ADPowers | 2004-08-31 09:53 | めし自慢

2004/08/30夕飯

飯が中途半端に余ったのと、野菜が圧倒的に足りないのでドリア。
(あまりに直截的だ。。。)
b0016128_222021100.jpg

[PR]
by ADPowers | 2004-08-30 22:18 | めし自慢

野球オンチ、登場

ここに、国宝級の野球オンチがいる。
どれくらいオンチかというと、元広島の古葉監督に「ホームランのサインはどうやって出すんですか」と聞いた黒柳徹子以上の無知ぶりであろう。
トットちゃんは「サインは監督が出すものだ」という事実を認識しているだけまだマシなのである。

そんなわが嫁に「野球とはどんなスポーツか」と漠然と尋ねてみた。

嫁「え~とね。9人でやるの」

おお。まずまずまともな答えである。

嫁「でもね。主にうごいてるのは3人」

自信満々に言われてしまったので思わず頷いたが、なんだろう「主に動いてる」ってのは。

嫁「残りの4人はじっとしてるの」

おい。じゃあそのまた残りの2人はどうしてるんだ。

嫁「主に動いてるのはピッチャーと、キャッチャーと。。。バッター」

バッター入れたら10人になっちゃうじゃないか。

嫁「バッターはね、きたボールを打つ人」

よしよし。少し戻ってきたぞ。

嫁「でもね。黙って立ってて3回見逃すとたいへんなことになるの」

どんな恐ろしいことがおこるんだろう。

嫁「だから打って一塁に行かなきゃいけないの。絶対に」

じゃあ一塁に行けなかったらどうなるんだ。

嫁「行かなきゃいけないのっ」

どうして。

嫁「だって。。。ホームベースが人でいっぱいになっちゃうから」

。。。それは恐ろしいな。
じゃあバッターはアウトにならないのか。

嫁「ぺたってされたらアウト」

誰に。

嫁「一塁のひと」

どうやら「タッチアウト」のことらしい。じゃあ野手(という概念はもちろん彼女の頭にはないが)はバッターを球場中追いかけまわしてアウトにするのか。

嫁「ちがうよ」

どうして。

嫁「一塁のひとは一塁から離れちゃいけないから」

じゃあバッターは一塁に行けねえじゃねえか。

嫁「きっと打ったタマを追いかけるときにはボールを追いかけなきゃいけないっていう決まりがあるの」

レフトフライでもかぁ?
じゃあボールを打ちさえすればアウトにはならないのか。

嫁「なる。。。こともあるかもしれない」

どんなとき。

嫁「もしかしたら違うと思うけど。。。一塁とホームベースの間に穴が開いてて、そこにひとが隠れてて、そのひとにぺたってされたらアウト」

ついに「11人いる」。

このひとと二人でビール片手に巨人戦という日は来るのだろうか。
[PR]
by ADPowers | 2004-08-30 20:30 | 野球オンチの詩
通勤途中で「おかしなTシャツ」を着たひとを見かけた。

 すべての武器を楽器にする

とかなんとか背中に大きく書いてある。

いったいなんだろうと思い、隣を歩いていた嫁に尋ねると

 嫁「知ってる! あれはね『リュートでひとをなぐってはいけません』ってこと!」

さて、このシチュエーションが顕著にあらわしている事実はどれか。
つぎのうちから選べ。

1.嫁は日本語が読めない。
2.嫁は楽器は武器だと思っている。
3.嫁は武器と楽器の区別がつかない。
4.嫁はUO廃人@BTMである。
[PR]
by ADPowers | 2004-08-30 18:40 | Ultima Online

2004/08/30弁当

えび寄せフライといんげんのマヨソース。
梅干がもう残り少ないが今年は漬けそこなったので来年まで買わないと。

b0016128_22162423.jpg

[PR]
by ADPowers | 2004-08-30 10:46 | めし自慢

2004/08/30朝飯

朝から角煮@昨夜の残り物。
インゲンのマヨソースは弁当にも入ってます。
b0016128_22155110.jpg

[PR]
by ADPowers | 2004-08-30 10:40 | めし自慢

おれが台所に立つ理由

もともと料理は趣味だった。

ウチの嫁はおれよりもずいぶん年下だが、アタマがよく、明るく、掃除と洗濯が得意という本当によくできた嫁である。
食べ物の好みもよく似ていて、いっしょに食事に行ってもとても楽しかった。

しかし、そのとき気づくべきだったのである。

おれ「このラーメン、うまいな~」
嫁「ホント! おいしいね~」
おれ「合わせ出汁と思うんだが、何使ってんのかな~」
嫁「。。。うみゅ。あわせだし。。。?」

また別のときには

おれ「ここんちのタンシチュー、絶品だね」
嫁「ホント! すごくいいよね~」
おれ「ドミグラスもいいけどトマトソースもいけるかもな~」
嫁「にゅ。。。どみぐらす。。。」

そう。
この、一見非のうちどころのないように見える嫁、実は料理がまったくダメだったのだ。
一度レシピ通りに作れとおからの煮物を作らせたら、想像もつかない味のものを作り上げてしまった。

おれ「なんでこのおからはすっぱいの?」
嫁「。。。わかんない」
おれ「レシピに書いてあるみりん、うちにはなかったけど、何を入れたの?」
嫁「。。。ミツカン」

合ってんのは「ミ」だけだろうが!!

以来おれの料理は「趣味」ではなくよりいっそう切実なものとなった。
[PR]
by ADPowers | 2004-08-30 00:33 | YOMEヲチ

2004/08/29の夕飯

さて、休日ディナーです。



【海老シュウマイ 写真中央】
妻の好物。もう手慣れたもんです。

【直火の釜飯 写真奥右】
おこげも茶漬けにして食います。

【冷やし豆腐だれ麺 写真手前右】
冷たい海老そばに豆腐を砕いたソースをからめたもの。
某中華屋で食って以来、再現することが野望でした。

【自家製梅酒(2年もの)水割り】

【多国籍風豚の角煮(写真奥中央)】
トンポーローを作ろうと思ったが、料理酒は切れてるわスターアニスは切れてるわ。。。
豚肉揚げるのも面倒だし、表は台風で大雨だし。
ま、バラブロックがあるんでなんとかしましょ、の1品。

<レシピ(4人前)>
豚バラ肉ブロック 500g
固ゆで卵 2個
大根 1/3本
しょうが 1かけ
ネギ 1/2本
醤油 大2
砂糖 大1
赤ワイン 100cc
鶏がらスープ400cc

1.肉が浸るくらいの米のとぎ汁を沸騰させ、たたいたしょうがとぶつ切りのねぎ(青い部分)、豚肉を入れて1.5~2時間位ゆでる。
アクが出たらすくい、水が少なくなったら足す。

2.1を大き目のぶつ切りにして、ごま油をうすく敷いたフライパンで表面をこんがりと強火で焼く。

3.焼き色がついたら皿にあげてキッチンペーパーで油を吸い取る。

4.鍋に鶏がらスープ400cc、赤ワイン100cc、砂糖大さじ1、醤油大さじ2を入れて煮立たせ、豚・卵・厚めに切った大根を入れて、弱火で30分くらい煮る。
b0016128_10144682.jpg

[PR]
by ADPowers | 2004-08-30 00:03 | めし自慢