風流サバイバー


by ADPowers
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

真夏の夜の夢

川崎競輪G2 -サマーナイトフェスティバル- 最終日 11レース S級決勝

かつて「競輪」という道楽にクビまで漬かっていた時期があった。
それこそ日本全国津々浦々、北は函館から西は佐世保あたりまで、稼いだ金をバラまくためだけに休日のすべてを費やしていた時期があった。

その昔、個人的に応援していた選手が、このたびG2という大きなレースで優勝したという。
おれは競輪をやらなくなって久しいから、それがどんな大きなタイトルかもわからない。
きっとふるさとダービーとか共同通信社杯とかの、かつて「準特別」とか言われていたクラスのレースなんだろうなあと、漠然と想像しているだけだ。

今おれは身体を壊し、こんなに近くでかの選手が活躍しているというのに、現場に行くことは叶わない。
しかしあのころのおれの無謀な夢を乗せて、かの選手は走り続けているようだ。

有坂直樹君。
37歳にして初タイトルおめでとう。

そしていつかまた現場で君のレースを見られる日が来ることを。
[PR]
by ADPowers | 2005-08-07 22:50 | 俺様日記

右翼風な曲調とは

嫁と二人、高校野球を見ていた。
神奈川代表の桐光学園が大逆転を演じたところで、さあ試合はこれからだというヤマ場にさしかかり、5回が終了した。

攻守交替のときに嫁、いわく

 「ねえねえおーすちん(仮名)、おもてをウヨクが通ってるよ」

おれには街宣車の音など聞こえない。

 「ほら、ウヨクのうたが聞こえるじゃん」

嫁よ。
あれは「ああ栄冠は君に輝く」という高校野球の永遠のテーマソングだ。
ウヨクの歌じゃないんだ。
ね、わかるね?
[PR]
by ADPowers | 2005-08-07 15:42 | 野球オンチの詩