風流サバイバー


by ADPowers
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2006/12/24。
邪教徒の前夜祭には目もくれず、ガラにもないことをしてまいりました。

嫁はなぜかサンミュージック所属の芸人がお気に入りで、去年のKEIRINグランプリのときも

 嫁「藤井さん(飛石連休のデカい方)くるって。
   あとねカジ君(さくらんぼブービーのガリガリの方)とか三拍子とか」

といってライブを見に平塚までつれていけとダダをこねたほどだ。

中野にはケーブルテレビがあり、数年前から小さなお笑いライブを放映しつづけているのだが、そのライブの主宰がサンミュージックであるため、なじみの芸人さんが必然的に多くなる。
坂上の焼肉屋で一杯やって表に出ると彼女づれの藤井が入れ替わりに入っていったりとか、そのまま駅に向かうとライブ帰りの樋口(髭男爵のヒゲでないほう)が大きな荷物を抱えて駅から出てくるといった按配だ。
JR中野駅近くにあるお気に入りの餃子屋はケンキ(どーよのデカい方)の行きつけで、その商店街の入り口すぐ右側には独身時代に時々お世話になった安くて美味い惣菜屋がある。

そこでバイトしていたのが中島忠幸@カンニングだった。

中野ケーブルですら放送禁止用語連発で、それでも舞台を下ろされることはなかったカンニング。
それどころかみんな竹山がムチャクチャやりはじめ、ときおりなだめ役の中島が逆ギレしたりするのをワクワクしながら待っていた。

 嫁「竹山さん、がんばってるね」
 おれ「中島もそろそろ復帰とか言われてるしな」

2005年秋の復帰予定は年末となり2006年春となり。
復帰の話が聞かれなくなって久しかったが、今月初頭、珍しく竹山が相方の様子を語っていた。

 おれ「来年春の復帰だってさ!」
 嫁「うにゅー。きっとネタになるのニャ!」

そしておれは得意のパロディものまね「ひとりカンニング」を始めたりする。

    竹山『こいつはね、おれがひとりでね、必死にね、仕事しとるあいだ
       ず~っとゴロゴロしとったんですよ!』
    中島『ゴロゴロ違~う! 病気や、病気!』
    竹山『治ったんならとっとと働け!本でも書いて印税おれに半分くれ!』
    中島『そんなもんよう書かんよ、おれ』
    竹山『もうタイトルも決めてある! ”神様、なんばしよっと”!
       これで印税生活や! はよ書け!』
    中島『書かんって。。。吉井怜ちゃん怒るよ?』
    竹山『ごちゃごちゃ言わんと書け! でね、今度はおれが休みます!』

そんなふうにおれたちは復活ライブを夢見ていた。

2006/12/24 11:00より。
これがコンビとしてのカンニング・ラストライブだと竹山は言った。
だったら観に行ってやろうじゃないか。

「ヘイ・ユゥ・ブルース」と「田舎の娘」が流れるエンディングの中。
おれは黙祷も合掌も忘れて、その光景を睨みつけていた。

抜けるような青空の下で。

【追記】
この日、同時に行われていた「M-1グランプリ敗者復活戦」ではサンミュージック所属の「髭男爵」が観客や視聴者にはたいへんな評判でした。
下馬評では名前も出なかったコンビです。
旧い付き合いだから、本当は見送りに行きたかっただろうに、よくがんばりました。
動画チェックしたところ、いままでの中では1・2を争うデキで、たぶんM-1のルールで「出囃子禁止」とかがあるのでしょうが、いつもの「オペラ座の怪人」で出たら文句なしの復活だったでしょう。

がんばれよ、髭。
[PR]
# by ADPowers | 2006-12-25 12:05 | 俺様日記

はぴばすで~♪

なおきくんおたんじょうびおめでとう。
結局こんな中途半端な状態ですがプレゼントです。
大枚はたいてドメインも買ったぜ!@自分の職場で(ぼそ)

http://www.arisaka-naoki.com/

#でもこれってきっともらったほうには

 編みかけのマフラーをプレゼントされるような感覚

に近いのでは(爆)
[PR]
# by ADPowers | 2006-12-13 14:33 | 俺様日記

緊急告知

明日はなおきくんのおたんじょうびなのでちょっとしたサプライズを用意してあります。

 #とはいってもそんなだいそれたものではないのですがw
[PR]
# by ADPowers | 2006-12-12 14:46 | 俺様日記
この記事は「法競」からネタを拝借していますので、まだ読んでいない方はそちらをお読みになってから下の記事を読むと面白さが倍増します。

「♪お菓子食って~涙が出~そ~う~」
とは、おれがほぼ全編を暗記しているギャグマンガ「すすめ!パイレーツ」の中の一節だ。
元ネタはもちろん「微笑みがえし」。伝説のアイドルグループ・キャンディーズの最終シングルの歌詞である。

おれ
「お菓子食って涙が出そう、って知ってる?」

「知らな~い」

 パイレーツはジャンプ連載だし、年代的にも古いから知らなくてもしかたないな。

おれ
「そっか。でも、元ネタっていうか、この歌(微笑がえし)は知ってるよな?」

「わかんない。びんぼうなうた? かわいそうなの?」

お菓子をたべて涙が出そうなうた。
ほんとうに「文字通り」に解釈してしまったようです。

嫁は小学生のころ「戸塚ヨットスク●ル」にいたという冗談が、急に現実味をおびてきた瞬間でした(爆)。
[PR]
# by ADPowers | 2006-12-09 14:15

ひとりごと@双方向

おれ
「井上はべつにハゲにゃ義理ねえだろうしな。山崎は慎太郎がついてりゃ行くんべ。2着まではあるかもしんねえな。いやいや3番手からの先捲りならなんとかならんことも。。。しっかしそれやったらキラわれるんだろうなあ。げらげら」


「おーすちん、バクチモードでガラわりゅい。。。どきどき」
[PR]
# by ADPowers | 2006-12-09 13:52 | 俺様日記